--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジジからの電話

2010年07月26日 21:04

6月21日に父が亡くなってから、はや1カ月。
月命日には父の大好きだったお寿司で父を偲びました。

今日、父の妹の叔母から電話がありました。
足が痛むということで告別式には参加できなかった叔母と久しぶりに話ができました。

その内容は、ナント、2,3日前の明け方4時半くらいに、
叔母は父からの電話を受けたというのです。

ちゃんとした会話はできず「、あ~」とか「う~」とか意味不明ながらも
確かに父の声だったと確信したそうです。

叔母の家の電話は着信記録が残る電話らしいのですが、
良くわからないから確認できないとのこと。

う~ん、なんだろう…^^;
叔母の家の電話を確認しに行きたい気もするんだけど…。

こじつければ我が家もね、
父が亡くなった日、
録画デッキがいきなり壊れて、
しばらくしたら直ったんです。
ちょこっと、「ジジのいたずらかも~」なんぞと思ったり^^;

で、次の日は妹の家のテレビがいきなり映らなくなって、
すぐにまた直ったらしい。
妹家族も「ジジ、きたの?」な~んて思ったそうな(^_^;)

亡くなってから告別式まで焼き場のスケジュールの都合で4日あいたのですが、
その間にみんなのとこに来てたのかなって。
でも母のとこはまったく何もなかったそうだが^^;

叔母は自分の「兄からの電話」と確信してます。
電話を切った後に「兄の声だった」「兄の声だった」と2回、
思わず声に出して言ったそうです。

なんかそういうのもあっていいかな~って思うから、
叔母に「父と話せてよかったね」と言ったら、
「うん、そうだね」と叔母は言いました。

昔だったら「そんなことあるわけないじゃない」って思うかもしれないけど、
今は「そんなこともあるかもね」ホントはどうかとかはまったく意味ないし、
思ったこと、感じたことが当事者にとっては「ホントのこと」だから、
「ホント」なんかどうでもいんじゃない。

最近は「ホント」にこだわることが、かなり「ゆる~く」なってます。
昔は「ホント」のことが知りたくて、わからないと悔しくて、
白黒つけたくてかなり攻撃的だったワタシなんですけどね。

51歳にしてやっと悟れた?しーどちゃん
スポンサーサイト

ハッピーヴァレンタイン

2009年02月12日 01:18

09021107.jpg 
ちょっと早いけどみなさんにプレゼント~♪

 なんつって、昨日の写真があんまりなのでリベンジでつ^^;

素敵なプレゼント

2008年07月19日 16:04

昨日は私が仲間に入れていただいているパソコンサークルの、
年に一度のあらたまったお食事会だった。

メンバーはリーダーのぱそ夢さん、ティータイムで顔を合わせるチッチさん
久しぶりにお会いできたぽーれんさんとアリスさん、そして私の5名。

お食事会  

どちらかというと人見知りの私は、
新しく知り合った方とお話をするのが苦手だ。

病友さんとは共通の話が必ずあるので、
すぐに打ち解けてお話ができるのだが、
そうじゃない方とは何を話していいかわからず、
話の糸口を探そうと思うとかえって緊張して
頭が真っ白になってしまう。

このサークルはパソコンつながりなので、
パソコンの話題ならお話ができるのだが、
それ以外になると話が浮かばなくて、間ができるとそれが気まずくて、
変に緊張してしまう。

最初の頃はそんな有様だった私も、長くサークルにお世話になって、
顔を合わせる機会が多いメンバーさんとは、
すっかり打ち解けてお話ができるようになった。

今日のメンバーさんは、
みなさん気を使わずにリラックスしてお話ができる方々だったので、
本当にあっと言う間に時間が過ぎてしまい、
別れるのが名残惜しかった。

昔は若かった私たちも、年齢とともにあちこちガタがきて、
不具合も出てくる。

でも、年齢なんて気にしないで、夢や希望を持って輝いていたいね。
そんな話をした。

ここのところ痛みは出てくるし、咳は増えて息苦しさも感じて、
プレドニンが倍になったらまたパンパンの顔になる。
な~んてマイナス思考に引きずり込まれそうだったのだが、
頑張っているみんなの顔を見て、話を聞いて勇気と元気を分けてもらった。

「生きていることに感謝して、少しだけ無理して楽しい時間を過ごしましょう」
チッチさんが私にくださったプレゼント。
「少しだけ無理をして」というフレーズがとても心に響いた。

体がつらいからと家でゴロゴロばかりしていないで、
ちょっとだけ無理をして展覧会へ行こう。
ちょっとだけ無理をして映画を見に行こう。
美容院、お買いもの、なかなか実現できていないことばかりだけど、
家にいる時間も無駄に過ごさずに実のあることをしないとね。

え?掃除?^^;
確かにぃ。(←DAIGO風

ランチやおしゃべり会には、
いつもちょっとだけ無理をして出かけているんだけどネ(^^ゞ

座右の銘にしま~す♪

ブログというのは…

2008年07月03日 23:47

そう、ブログというのは公開日記なのだ。

なんで公開するのかなぁ。
やっぱり、誰かに聞いてほしいからだよね。

でもさ、あくまでも公開日記だから、
誰にも不愉快な思いをさせたくないとか、
誰にも嫌われたくないとか、
いろんなこと考えてしまうのよね。

今のワタシは、
一番見られたくない人に見られてもいいようなことしか
書いてない、てゆーか書けない(^_^;)。
でも、それが公開日記というものでは?

だけど、そんな制約のある中でも
本音を書いてしまうときがある。
だってさ~、聞いてほしいから書いてるんだもん。

ブログを通じて伝える、みたいな。
これって、「アリ」だ。
ワタシ的には。

だけど書き方には気を遣う。
ブログは「顔」が見られないから文章だけで伝えなくてはいけない。

ニコニコ笑顔で「今日はちょっとあなたに言っておきたいことがあるんだけどぉ…。」と言うのと、
険しい顔、もしくは泣きそうな顔で同じことを言うのとでは、
受け取り手はリアクションがまったく変わってくるのと同じだから。

と、前置き長すぎるんだけどさ、
ワタクシしーどちゃん、女49歳。(←チャンじゃねーよって^^;)

毎日「だるい」とか、「痛い」とかグズグズいいながらも、
人生80年として、半分以上は生かされていただいているわけですよ。
これは本当にありがたいことと感謝してます。

昨日、かなり久しぶりに叔父(父の弟)から電話をもらって、
世間話なんぞをしておりました。

叔父は30歳くらいでパリに移住して現在70代。
ワタシは一度も遊びに行った事がない。
泊るところがあるのにな~んてもったいない。

私の息子が大3、高3だと伝えると、往復の飛行機代だけで、
あとは全部面倒見るから遊びによこせと言ってくれた。

H.I.Sの広告で燃料費込みでパリ報復チケットが10万円ポッキリっつ~のを見たばかり。
そりゃ~心躍りましたよ。

しかし現実的に大3の長男は就職活動、
高3の次男は受験対策で8月の夏休み中は大忙しで海外旅行の余裕はない。

ワタシは「暇」よ~ん♪
てなこといっても私の仕事はここ一番の長男次男のバックアップ。
私が一番重要な役割をしていると自負しております。

だけど、な~んか心の中で「グズグズ」してしまった。
病気以来15年、いつも「だるい」「痛い」「しんどい」でな~んにもしてない。
私の15年って何?^^;
今までだっていつでも叔父のところへ遊びに行けたはずなのに、
ワタシって、いったい何やってんのよ。。。
自分自身が不甲斐ない。

毎日頑張って仕事しているダンナ君に、
「あのさ~、なんだかんだ言ってもさ~、
アンタは人生楽しんでるよね。(ここ笑顔、大事♪)
仲間と釣り行ったり、山行ったり、海外旅行行ったりしてさ~」とワタシ。
もっと言いたいことはあるけど言わないよ(ーー;)

今、めっちゃ仕事が忙しくてぐったりなダンナ君。
「でもさ、すんげ~仕事頑張ってるし、もう毎日しんどいんだよ~」
「そうね~、確かにすんげ~頑張ってるから体も心配だし感謝もしてるけど、
すんげ~好きなこともしてるからやっぱ人生楽しんでるんじゃない?」と
笑顔で言うワタシ。

私って悪魔?^^;

「なんかさ~、私も人生楽しみたいよ。
もういろんなことを我慢するのはイヤになったんだもん」

我慢って言われてもね~、ダンナ君の立場に立ってみるワタシ。
勝手にワタシが我慢していつもニコニコしていただけだから、
ダンナ君は気がつくはずがないのだよ(-_-;)

アラフォーってみんなこんなんじゃないかしら。。。
ていうかお互い様なんだろうけどね。

と、公開日記にこんなことを書くのはいかがなものか。。。
でもさ、書いても大丈夫なことしか書いてないつもりなんだけど…^^;

あ、こういう会話があってもウチはいつも笑顔よ。
喧嘩にはにはならない。
我慢しているのはワタシだけじゃないから。
ていうより、ダンナ君が我慢しているのがわかるから、
ワタシも我慢ができるというのが正解かな。

でも我慢するトコがお互い違うんだけどね。
仮面夫婦、てか~^^;

母の日かぁ。。。

2008年05月11日 23:54

いきなりですけど、こういうイベントってhappyなときはいいけど、
blueなときって最悪ですよね。

クリスマス、お誕生日、母の日、父の日。。。

世間は「母の日」と浮かれてるけど、「母」のない子だっているし、
子がいても一人ぼっちの母もいるだろうし。

でも、みんな「母」から生まれてきたのだから、
やはり「母」に感謝の日も悪くないね。

なんつって、なんだか出だしが暗くてすみません。
私はといえば、とってもうれしく幸せな母の日でした。
こんなにステキな母の日を自分だけ申し訳ないような。。。
だからちょっと、いろんなこと考えちゃって(^^ゞ

今年初めてプレゼントらしいプレゼントを長男からもらいました。

ぷれぜんと

 中身は…

プレゼント

お風呂で楽しむグッズです。

カーネーションは夫から。
次男からはマッサージのサービスです。

今まで、「毎日が母の日だから何もいらない」と言っていたら、
ホントに何ももらえなかったので、「今年はなんかくれ~!」といっておいた甲斐があった^^;
まあ、とにかく、母の日に感謝です♪

ちなみに私の母には先日お花をプレゼントしたので、
今日はスルーです(^^ゞ

だめじゃん^^;

 

2007年09月01日 23:56

珍しくだ~りんの夢をみた。
そしてが覚めてからしばらく夢の内容があまりにも納得がいかず、
しばし呆然としてしまう。
朝からテンション下がりまくりだ。
脱力。


「だ~りん」てっ当然木村拓哉くんなんだけどさ。
彼には過去3,4回、私の夢にご登場いただいているのだが、
いつも芸能人のキムタクとしてのご登場だった。


過去の夢では、私とキムタクの間に幼稚園児くらいの息子をはさんで、
3人で手をつないでいるシーンをやけに鮮明に覚えているのだが、
たぶんそれが一番親密なご登場シーンなのだ。


それが、今日の夢はすんげ~展開なのであった。
私は木村君が大好きなのに、なぜか中居君とつきあってしまうのよ。
で、木村君は私が好きなんだけど、中居くんに譲るわけ。
で、なんで私が中居君と付き合うことにしたかっていうと、
大好きな木村君と付き合うのが怖いからなのだ。


これって、リアルしーどと同じじゃん。


せめて夢の中でくらい、木村君と付き合えよ、しーどっ!
夢が敗れるのが怖いから最初から夢を見ようとしない後ろ向きな
自分自身を象徴している夢の内容に愕然とした。


もうやめた。
積極的に攻めの姿勢で行くのだ。
次の夢ではちゃ~んと付き合おうね、だ~りん♪


朝起きて、テレビをつけたらだ~りんがHEROの番宣でソコにいた。
なんてタイミングなのぉ~(号泣)


そしてダンナに「ねえ、聞いて聞いて。今朝見てたゆめなんだけどさ~…」
と夢の内容を告げ、「あんまりだと思わない?」と力説。
ダンナ「…^^;」右から左へ受け流し~♪


次に起きてきた長男にも報告。
長男「くっだらねぇ~!」ごもっとも^^;


最後に次男に「ねえ、まだあんたには言ってないよね、夢の話。」
次男「なんか朝から騒いでたね。」ちっ、聞いてたのかい(ーー;)

いい歳こいてこんなことを世界にさらす、しーど。
でも、そんなの関係ねぇ~♪そんなの関係ねぇ~♪

夢、破れました

2007年08月16日 17:47

ドキドキ


宝くじで夢を買う。


ガックリ


さ~、当たりはあるかな。


当選番号はこちら


そして…破れた。

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。