--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅酢があがって

2007年07月10日 17:11

ちょいとお高いほうの梅は陶器のカメに入れたのが正解か、梅酢もしっかりと上がりました。


梅酢があがったよん


ところが、プラスチックの漬物樽で作ったほうにカビが出現してしまいました。
木の板の消毒が徹底してなかったのかも。


ちょこっとだったらカビをとって焼酎で洗い、
梅酢は沸騰させてさましてからまた元に戻すといいらしいのですが、
私のはかなり梅酢がにごっていたので、
茶色く変色してしまった梅は捨てて、きれいなのだけ残し、
しっかりと焼酎で洗って、
また塩を振って一からやりなおしました。


今度は焼酎での霧吹きを多目にして、梅にも焼酎をちょこっと入れて
中が見えるようにビンに入れて梅酢があがるまで2,3日待ちました。
でも梅酢がなかなかあがらない。
もういいやっってなわけで焼酎をまたたしました^^;


で、やり直しのほうは二つに分けて、一つは紫蘇を入れたバージョン。
もう一つは紫蘇と蜂蜜を入れたバージョンにしました。


成功したほうはそのままバージョンです。
色が梅干っぽくないんですけど、確か干すと梅干っぽくなったはずです。…たぶん^^;


3種類にわけました
一番右の手前のビンが蜂蜜入りです。


なんだかまだ梅酢が足りないです。
焼酎を買ってきてちょっとたそうかなぁ。 


紫蘇は塩を振ってモミモミして汁を絞り、
梅酢でもんで、それをビンに入れてビンをフリフリして梅酢となじませました。


「塩を振ってモミモミして汁を絞り」というのを
3回くらい繰り返さないといけないようなんですが
1回しかしませんでした。
ちゃんとあくが出てるといんだけど…^^;


使った蜂蜜はコレ。


はちみつ


蜂蜜バージョンの梅酢にドバドバッと全部投入してビンを振って混ぜ混ぜ。


さて、いつ頃干せばいいのかな。
梅雨明けはいつくらいかな…。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yyyseed.blog72.fc2.com/tb.php/193-6fe6157c
    この記事へのトラックバック

    天保3年以来、伊賀焼の伝統と技術を今に継承する伊賀焼の郷「長谷園」こだわりの逸品をお楽しみ下さい。 陶製の容器は温度変化が少なく、ぬか床の微生物を守り育て美味しい漬け物をつくります。冷蔵庫に収まるコンパクトサイズ。伊賀焼の郷「長谷園」つけもの名人 寸法:φ

    陶器の極意

    ●セット内容/本体、中蓋、外蓋、重し、四季別レシピ●サイズ/本体:径18.5×高さ15.5cm●材質/陶器(タウマリン鉱石)●重さ/2.7kg(総重量)●日本製 美味しい漬け物がたった30分で作れる 野菜本来の旨味と風味を凝縮  野菜と少量の塩を入れて、30分置くだけでまろや

    【dw190409】活水器セット≪送料無料≫

    ★セラミックには一切放射性物質は入っておりません。 ▲セット内容▲ 宝命水特別バリューセット 宝命水チップ4箱に厳選された麦飯石、上質の紀州備長炭が入り、さらに活水器ポットをセットした便利でお得なセット。更に、業界初「水のレシピ」をお付けします。飲料・料理・




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。