--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リウマチ性疾患の肺障害」セミナーのご報告

2010年11月01日 01:53

10月25日の猪熊茂子先生のセミナー
「リウマチ性疾患の肺障害」のご報告が遅くなっちゃってすみません。

猪熊茂子先生のお名前は知っておりました。
私が発病後に知り合った同病患者さんの主治医だったことがあったとか、
膠原病友の会の会報でお名前を拝見していたりで。

セミナー会場には私を含めた一般の方が10人くらいかな。
白衣を着た医師(難治験の先生方かな?)と思われる方々が20数名。
明らかに先生たちの方が多いと「一般と白衣」どっち向けの話していいか悩むよね~。
てな感じで拝聴しておりました(^_^;)

まず最初にご自身の経歴を。
東大卒後、1981年より都立駒込病院、2008年4月より現職である
日本赤十字社医療センター アレルギー・リウマチ科リウマチセンター長

そして、

膠原病一筋で5,000人以上の患者さんを診てきた。、
2008年に日赤に代わって一から患者さんを見始めて2年たち、
今では毎月400人くらいの患者さんを診ている。
今日はこれだけの患者さんを診てきた臨床経験から
こんな風に仮説がたてられる、という話にしたい

と。

で、

まず最初に出てきた画像が膠原病を山脈の山並に例えたもの。(わかる?わかんね~^^;?
一番大きな山がSLE。
その近くににRA・SjS・MCTD・ちょこっと離れてSSc
そのまわりに(血管炎の仲間らしい?)MRA(?)だのBehcetだのMPA・AGA・PM・DMとあります。
PM・DMっていうのは多発性筋炎・皮膚筋炎ですね。(横文字はWikiで調べてね(←手抜き^^; )
PM・DMはSLEからちょこっと離れてるんですよ。

で、
「5,000人以上の膠原病患者を診てきたが、リウマチと多発性筋炎・皮膚筋炎のかぶっている患者は診たことない」

猪熊先生、きっぱりとおっしゃいましたぁ~(@_@;)

ひょえ~!そうなの~!
私の身近ではいるんですけどぉ~。
てぇ~ことは、猪熊先生だったら違う診断するってことかぁ^^;
う~ん、興味津津。
私もリウマチっぽいと言われるんですが、主治医は「違うんだよね~」っておっしゃるし。

膠原病は全身に症状が起こるんだけど、血管・血流がやられるのが原因ではないかと。
ほとんどの病気で肺がやられる患者さんがいるらしいけど、
病気によって多い少ないがあって太い血管に関係する病気は少ないとのこと。
例えば大動脈炎・側頭動脈炎・ウェジナー血管炎・多発性動脈炎などの患者さんには間質性肺炎は少ない。

そこで猪熊先生、白衣のみなさん向けに「患者さんの皮膚症状をしっかり見てください」と。
例えばSScとMCTDに多い「レイノー現象」
この病気は肺高血圧症も多いが肺の治療をするとレイノーも良くなる。
皮膚症状がバロメーターっつ~こと。

肺炎があれば他もやられているはず、
それは皮膚や粘膜の血管拡張でわかるからちゃんと診てね。

みたいな。



つづく



コメント

  1. カズペコ | URL | -

    やはり血管と血流が大事なのですね。
    改めて、気をつけたいと思います。
    前の記事になりますが、悪性腫瘍に関して
    筋炎発症前後2年は安心できないのですね。
    1年過ぎたから勝手に大丈夫と思ってましたが、
    今年まだ大腸がん検査してないので、さっそくやらなきゃと
    思いましたv-363

  2. teto | URL | WEWh7g6.

    お疲れさまでしたぁ~(^◇^)

    講演会のご報告、ありがとうございます(*^_^*)

    リウマチと筋炎がかぶらないって、
    やっぱり専門の先生方の間では当然のことなんですかね?
    しーどさんとか・・・どうなんですかね?
    私たちの周囲でも、いらっしゃいますよねぇ~???

    肺炎と皮膚症状の関係って、私の場合も、ちょこっとあるみたいです。
    レイノーではないですが、
    手指の側面の皮膚だけが固くなって割れて血が出たりするんですが、
    肺炎で入院した時はいつもこの症状が悪化しています。
    内科の主治医もそこに着目して、外来でも必ず「指を見せて」と言って触診します。

    しーどさんは、どっちかというと骨の症状が強くて、
    皮膚の症状ってあんまりなかったですよねぇ~!?
    同じ肺炎持ちですけど、微妙に違ったりします、ね。
    勉強になりました・・・血流はやっぱり大事!!!

  3. しーど | URL | 30oPJyPA

    カズペコさん

    そうなんですよ。
    膠原病は血管と血流に障害がでるという
    この考え方は最近の主流みたいですね。
    私の主治医も血管炎の方やってるみたいだし。

    がんは早期発見ですよ~。
    検診つらいですけどがんばりましょう。
    ええ、私自分に言い聞かせてます(大汗)

  4. しーど | URL | 30oPJyPA

    tetoさん

    >リウマチと筋炎がかぶらないって、
    >やっぱり専門の先生方の間では当然のことなんですかね?
    >しーどさんとか・・・どうなんですかね?
    >私たちの周囲でも、いらっしゃいますよねぇ~???

    ですよね~。
    猪熊先生が診たら「ちがう」と診断されるのかもね。
    でもまあね~、治療方法に違いはないような…(^_^;)

    >肺炎と皮膚症状の関係って、私の場合も、ちょこっとあるみたいです。
    >レイノーではないですが、
    >手指の側面の皮膚だけが固くなって割れて血が出たりするんですが、
    >肺炎で入院した時はいつもこの症状が悪化しています。
    >内科の主治医もそこに着目して、外来でも必ず「指を見せて」と言って触診します。

    そうそうその話、でましたよ~。
    「手指の側面の皮膚だけが固くなって割れて血が出たりする」
    これは皮膚筋炎のよくある症状なんですって。
    私はここ数年まったくその症状が出ていないのですが、
    発病時…、いや、発病以前からかなりひどかったです。
    で、それも血管炎なんですって。

    血液サラサラになるように、
    高脂血症レシピで食事療法したら膠原病も良くなるのか?
    な~んてこと考えたりして(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。